スーパー コンピュータ 富岳。 Top500で「Goodbye」と表示されたFugakuスーパーコンピュータ(1)Top500を対象としていない「Fugaku」

日本の「富岳」が世界ランキング「TOP500」で最速のスーパーコンピュータ

コンピューティングノードのローカルファイルシステム• 1 2020年6月2日 2018年6月-2019年11月1位 、V100 Linux(RedHat) 2018年10月 - 94 7. 自然災害の防止に関しては、数十平方キロメートルの面積を持つ都市で地震と津波が組み合わさった場合の避難経路を予測することが可能です。 関連リンク:• -あなたの計算能力は着実に成長していると思いますが、スーパーコンピュータの可能性は将来どのようになると思いますか? コンピューティング能力が向上するにつれ、やるべきことや解決すべき問題が増えます。 共同研究グループでは、大規模グラフをスーパーコンピュータ上で高速に分析できるソフトウェアを開発しています。 4 2020年6月4日 6月1日〜11月1日 NRCPC Linux(レイズ) 2011 r。 相互接続は、CPUが適切に機能するために非常に重要であり、完了後にCPUが正常に動作するかどうかの鍵となるため、完了するまで非常に心配で苦労しましたが、計画どおりに完了しました。 Fugakuは、Society 5. 5月23日、「ふたけ」のタイトル決定が発表された。

Next

スーパーコンピュータ「Top500」「富岳」が久しぶりに日本生産の主導権を奪還

-スーパーコンピュータ開発における富士通の強みは? 富士通の強みは、その総合力です。 07エクサフロップスの理論• 75テラフロップスの2番目に高いHPCGレーティングでした。 これは、人工知能コンピューティングなどで使用される単精度および半精度演算ユニットの機能も考慮しています。 GTEPSのGは10 9で、GTEPSは1秒あたりに処理される分岐の数を10 9で割ったものです。 共役勾配法。 効率的な通信によるネットワーク接続による最適な制御。 注1)上野浩二、鈴村豊太郎、丸山直哉、藤沢克樹、松岡聡、「並列および分散メモリマシンの効率的な幅優先検索」、データサイエンスおよびエンジニアリング、Springer、2017年3月、第2巻、第1号、22〜35ページ 追加説明• どうもありがとう。

Next

冨岳スーパーコンピュータがグラフ500で世界第1位:富士通

2019年12月 十 1120 12. 2019年5月25日に取得。 理化学研究所計算科学センター所長の松岡聡は、次のように述べています。 kyushu-u. 連立一次方程式を解く方法は2つあります。 脚注[] []• 関連リンク:• 日経株式会社(2019年12月2日)。 (2019年5月23日)。

Next

スーパーコンピュータ富武がMM総研2020大賞グランプリ・ものづくり優秀賞:富士通

コロナウイルスの新型パンデミックの影響について、信頼できる社会を構築するという富士通の将来のビジョンとの関係を含めて説明します。 名古屋大学(2020年7月1日)、2020年7月2日閲覧() 外部参照[]• 2019年5月25日に取得。 富岳は、富士通が設計・開発した高性能プロセッサ(中央演算処理装置)が約15万台あります。 最初は未来の社会として宣伝されました。 ICT市場および産業の発展を促進する機会を創出する。 Graph500は、大規模なグラフを分析するためのスーパーコンピューターの国際ランキングです。

Next

「戸隠」グラフ500スーパーコンピュータで世界第1位

その理由は、相互接続のパフォーマンスとプロセッサのパフォーマンスのバランスが良いことです。 スマートフォンやモノのインターネットなどの新しい端末が最近勢いを増している一方で、IntelはARMを推進しているようですが、それでも優れた技術力と半導体およびIT業界に強い影響力を持っています。 2019年11月20日取得。 1993年に設立され、年に2回スーパーコンピュータのリストを公開しています。 両方のコアが実行されるインフラストラクチャは、異機種間コア(IHK)のインターフェースと呼ばれます。 -あなたが開発するほど、あなたはより多くの機会を得ます。 。

Next

富武スーパーコンピューターが最初に出荷された

新しいコロナウイルスに非常に腹を立てています。 -()• 0)、農業社会(社会2. 2019年12月 十 1120 12. 表現した。 同月の11月に、世界初の試作が行われた。 新薬を開発するとき、候補となる病原体は通常、膨大な数の物質の中から探し求められます。 これは、日本が目指すべき未来社会のイメージとして、計画の中で最初に提案されました。

Next

スパコン「とみたけ」は、ライバルをリードし、4つのカテゴリーで1位を獲得しました。まだ100%のパフォーマンスではない

トミタケには、富士通が設計・開発した高性能プロセッサ(中央演算処理装置)が約150,000台あります。 しかし、DOEがIntelに次世代Spaconの開発を依頼したのは、それだけではありません。 理研は、徳岳を使用して、徳岳の性質を解明し、治療薬である可能性のある物質を探索する方針を発表しましたが、開発中です。 (日本語)-理研• 2020年6月の時点で、USサミットはTOP500ランキングで2番目に高く、148. パワフルなパフォーマンス、コンピューティングパフォーマンス、使いやすさは、ますます複雑化する社会のさまざまな問題を解決し、科学を研究することによって、日本の開発を促進し、2020年代に世界最高の結果を達成することを目的としています。 つまり、性能差は2位の約3倍です。 また、新型コロナウイルスの影響により、装置ダウンロード完了後わずか1ヶ月でこの結果を達成できたと思います。

Next